最初のオープンオフィスが出現してから数十年間、ワークプレイスに関する何千という会話が繰り広げられてきました。ハーマンミラーは、今日、明日、そして未来のオフィスが抱える問題と機会に挑みます

まず1960年代は、役員室とデスクが並んでいました。(テレビドラママッドメンのような感じです。)そして、1980年代は、怒鳴り散らしているセールスパーソンが規格化されたパーティションで区切られた作業空間の中にいました。(映画ウルフ・オブ・ウォールストリートのような感じです。)そして1990年代後半と2000年代初期に、オープンオフィスが出現しました。(映画マイ・インターンを思い出してください。退職者のロバート・デ・ニーロが、レンガ造りの倉庫を再利用したアン・ハサウェイのオフィスで働き始めます。)

偶然の出会いが次の大きな事柄の引き金となるというそのアイデアは、十年近くの間、ワークプレイスデザインを大きく前進させてきました。インテリア事務所であるゲンスラーと協力してレンゾ・ピアノがデザインしたThe New York Timesの社屋が2007年にニューヨークにオープンした時、オープンオフィスはさらに相互に交流するようになっていました。建築家は大きな階段をデザインして、同じような偶然に生産的な出会いを生み出すスペースを作りました。実際、セレンディピティ、偶然性、コラボレーションにはパワーがあり、建築家とデザイナーは、それを引き出すようにデザインできるのです。最も成功した実例が示すように、このアプローチは、個人的なストレス、専門的なプロジェクト、そしてこの世界において人間であるという言うに言われぬストレスにより、一日の就業時間を通してアイデンティティが変化、変形し、変わり続ける個人の多様性に対応するとき、最善に機能するのです。

詳しくはこちら