ハーマンミラー新製品「キーンチェアグループ」

キーンチェアグループは、身体をその動きに合わせて支え、常に快適な座り心地を提供する、コラボレーションスペースにふさわしいミーティングおよびサイドチェアです。快適性をさらに高めるために10度までリクライニングするキーンのクレードルフレックス機構は、座る人の姿勢に合わせて反応します。

ベースやフィニッシュ、張地を変更することで、キーンチェアグループはカフェやミーティングルーム、ワークショップスペース、ボードルームなど、目的に合わせてカスタマイズできます。どのモデルであっても、座った瞬間から快適で、座る人の動きに反応することに変わりはありません。ほぼ無限の組み合わせが可能なため、キーンは、Studio 7.5のミラ2チェアからスタンフとチャドウィックの象徴的なチェア、アーロンチェアにいたるまでのハーマンミラーの既存のシーティングを補完します。

特許を取得したキーンのクレードルフレックス機構は、座る人の姿勢に合わせて反応します。座面を前方にずらすだけで、10度までリクライニングすることができます。キーンチェアグループの様々なタイプのチェアすべてに、同じクレードルフレックス機構が備わっていて、座る人の姿勢に合わせてサポートします。これにより、集中力を保ちながら快適に座り続けることが可能です。

デザイナー:forpeople設立者のリチャード・スティーブンスは、2004年にforpeopleを創設しました。スタート当初は4人だけでしたが、今や80人の企業に成長しています。中でも重要なのはジュヒ・リーです。韓国ソウル市の出身で、弘益大学校で家具デザインを学んだのち、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートにてデザインプロダクツの修士を取得しています。2012年にforpeopleにアソシエイトディレクターとして入社したリーは、キーンチェアグループをスティーブンスと共にデザインしました。

詳しくはこちら